「心理戦」で絶対に負けない本 実戦編(文庫)
伊東 明
この本のノート数 1
ノート一覧
kokiさんのノート
1. 相手からYESを引き出すテクニック
人間が意思決定するときは感情が絡んでいるため、相手の無意識のうちに好意を抱いてもらう必要がある。 ・自分の行動をイメージしてもらう  例)化粧品を売りたいなら化粧品の説明ではなく使うとどうなるか(「妻ではなく女性を感じさせることができますよ」というイメージ)を想像させる。 ・贈り物を渡してすぐ依頼する  渡して時間が経ってから依頼すると、気分の高揚が収まってしまい賄賂ではないかという疑念が生まれてしまう。 ・食事中の気分がいい状態を利用する  接待が難しい場合はお菓子などを勧めるとよい。 ・晴れの日に頼み事をする  暑い日は逆効果になるので注意。暑いとピッチャーのデッドボール率が高くなる
2. 相手に関心をもってもらうテクニック
こちらの話を聞いてもらうためには自分に注意を向ける必要があるが、そこまでできない段階でどうすればよいか。 ・ピークテクニック  「43秒だけ話を聞いてください」みたいに気になる情報を与えて関心を向けさせる ・キャッチコピー  「新しい」「手軽な」「素早い」「自然にやさしい」「健康に良い」「驚くべき」「従来と比べると」といった言葉を使う。  「動物」「赤ちゃん」「セックスを連想させるもの」を用いる。
3. 無意識に行動を変えさせる
・色  赤は時間の流れを早く感じさせ、青はゆっくりに感じさせる。 ・視線  話を聞くときは適度に視線をそらして相槌を打つと良い ・連想法でイメージアップ  エコをイメージさせるとか親しみのあるキャラクターグッズを身に着けるなどすると効果的 ・右側から近寄る  心臓から遠い右から近寄ったほうが安心させやすい